廣島ギョウザ

餃子の美味しい焼き方

フライパンに油を引き、充分に熱します。
油の煙が出そうな頃、ギョウザを並べます。

餃子は凍ったまま、餃子同士がくっつかないように少しだけ間隔をあけて並べましょう。

下へ

中火にして、50 ccの水を注ぐ。
(※ギョウザ10個に対し)

水が多すぎると、仕上がりがべちゃべちゃになるので、
フライパンの底が隠れる程度でOKです。

下へ

すぐにフタをして
中火でチリチリ音がなくなるまで焼く。

蒸し焼きにして中まで火をとおします。水は完全になくさなくて大丈夫です。

下へ

音がなくなったらフタを開け、水分を飛ばす。
少し焼き目を付けてできあがり。

テフロン加工がされていないフライパンをご使用の場合は、 サラダ油を少し回し入れましょう。

ギョウザの邑のタネ

美味しいギョウザができるまで

作り方

ギョウザタネができるまで1

ニラを大きめにカットします

ギョウザタネができるまで2

大きめにカットした。キャベツにいれます。

ギョウザタネができるまで3

軽くまぜます。

ギョウザタネができるまで4

豚肉とまぜます。

ギョウザタネができるまで5

しっかりとまぜます。

ギョウザタネができるまで6

しっかりと、しっかりと愛情込めてまぜます。

ギョウザタネができるまで7

完成です。

餃子の美味しい焼き方ギョウザの邑のタネ ページトップ